フォト

ごま's ギャラリー

  • ぽかぽか おひるね
    2004年3月10日、パパとママの子になった日から 2010年1月29日 虹の橋へ...。

かぼちゃ's ギャラリー

  • 2005_6_152
    2005年5月24日に パパとママの子に なったオカメインコの かぼちゃ。 2005年6月24日に 虹の橋へと旅立ちました。 パパとママは 決してきみの事を忘れないよ。 また必ず逢えるよ。 でも、もう少し待っててね…。
無料ブログはココログ

うめ’s ギャラリー

  • お引越し
    2008年4月15日頃誕生。 2008年6月20日お迎え。 WFシナモンパイドのオカメインコ 名前は「うめ」 ショップでも病院でも「おとなしいから女の子っぽい」と言われたけれど最近の行動や体の色がどうも怪しくなってきた。 おとなしい!?ぜーんぜん! 落ち着きはなくいつもコソコソ動いてる。 「カーッ!カッカッカーッ」と笑ううめである^^

365calendar

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月18日 (金)

しろさん、またね

面倒見の良いしろ兄貴が
ごまの元に旅立ちました。
7歳でした。
昨年の12月初め頃 最近年取ったのか中年太り気味で寝てばかりいるとの母からの知らせ。
それからしばらくは何事もなかったようで安心していましたが、年末からまた寝てばかりに加えあまり食べなくなったとのこと。
換羽時期だしそう若くない年齢なので、年明けて正月休みが明けてから健康診断がてら病院に行くことに。
結果は肝臓腫瘍。
遺伝性によるものとのこと。
しかも体中に腫瘍が広がっていて危篤の状態とのことでした。
良性、悪性に関わらず腫瘍が大きくて内臓を圧迫しいずれは呼吸困難になるだろうとのお話しだったようです。
もともとスレンダーな体つきだったので患部が膨らんでるのを少し太ったくらいにしか感じてなかった母の落ち込みようはひどいものでした。
とりあえず今できることは腫瘍を小さくする作用のあるお薬を飲ませることだということで投薬を始めました。
それからしばらくは食欲も出てケージから出て遊べるまで回復してきたようですが今月に入り止まり木に止まれなくなり歩くのも辛そうになってきたとのこと。
それからは母から送られてくるメールを開くのに勇気がいったが 良くもなく悪くもないという状態が続き、今週火曜日に日帰りではあったけど私もようやく実家に帰れ、しろさんに会うことができました。
その日は診察日、一緒にお供しました。
胸辺りの腫瘍は少し小さくなってきたようだけどちょっと黄疸が出てきたのでお薬を変えるということでした。
次の診察日は10日後。
診察を終え診察室を出るとき先生の「しろちゃん、またおいで」のお言葉が優しくて涙を堪えるので必死でした。
先生も母も私ももう会えないかもしれないと心の奥底で感じていたと思います。
けれど、小さな体で頑張ってるしろさんを見てると大丈夫、絶対治ると希望が湧いてきました。
しろさんに「またね、また来るからね」と挨拶し実家をあとに。
その夜、土産に持って行った粟穂を喜んで食べてるよ。と 嬉しそうな母からのメール。
私も嬉しかった。完治することを祈った。
2日後の夕方、母からのメール。
なんとなくためらいながら開いた。
「手のひらで眠るように静かに息を引き取った…」 の文字。
イケメンなしろさん。
ごまと初対面したとき自分がいつも遊んでる場所を案内してくれたしろさん。
ごまにご飯を食べさせてくれたしろさん。
走ることが大好きで駿足だったしろさん。
母が寝込んだとき一時も離れず看病してくれたしろさん。
面倒見の良いしろさん。
今度はごまが案内するよ。
しろさん、頑張ったね。
しろさん、ありがとう。
しろさん、またね。
2011年 2月 17日
しろさん 永眠

2011年2月 9日 (水)

早春

皆さま お久しぶりです。
またずいぶんとご無沙汰してしまいました。
お元気でしょうか?
 
気が付けば お正月も過ぎ、節分も過ぎ、立春を迎え 暦はもう春。
もうそろそろ啓蟄を迎えるころなので自身もそろそろ冬眠から覚めようかと…。
先月29日、ごま一周忌を済ませました…。
 
 
突然ですが…
まめが…
あのワンパクまめが…
な…
なんと…
な、な、なんと!…
麗しきオトメちゃんでしたぁ〜!
し、
しかも…
たまごさん付き!
 
 
先月27日、仕事から帰ってきて またしゃがみが始まったまめに「ただいま〜」を言いに行くとお腹の横から何かはみ出ている。
 
「おかえり〜」を言いに立ち上がったまめの足元に何やら白いものが!
 
しばらくボーゼン……。
(これは…え〜っと、ヘヘヘッ え〜っと…ヘヘヘッ あれだな。たまご、さん…かな ヘヘヘッ…)
 
 
昨年の12月初めにしゃがみの原因が何なのか病院に連れて行きました。
「女の子ですね。これだけ元気ですから病気ではありませんよ。時期的に産卵時期ですからね」と先生からのお言葉。
しかし私はまめは男の子だと信じていたし、以前うめを「女の子かなぁ…」とおっしゃった先生。疑うわけではないけど卵を産んだら信じるとずいぶん失礼なことを思っていたのだ。
 
注) 先生は「こ○ぱ○る」推薦の素晴らしい先生です!
 
これで女の子確定。
自宅にある小鳥本をあれこれ読みまくりどんなことに気を遣えばいいか?この時期の食事は?保温は?環境は?
何せごまママ人生初の女の子。
日々勉強中です。
 
でも あまり気張らず自然に自然に。
 
そして今、たまごさんは…
3個に(^-^)
 
なかなか良い間隔で産みました。
 
節分にごまうめまめの部屋にも豆まきをし、しばらくしてまめの部屋を覗いたら形が似ているからかカワイイことにたまごさんと一緒にその大豆も温めていました(´∀`)
涙が出ました。
 
 
この産卵、抱卵で分かったことは、まめはなかなか安産型で抱卵放棄しない子ということ。
子育てできるかは分からないけれど、いずれは子育てできる環境にしてみようかなと。
と いうことは、婿殿お迎えですな。エヘヘ。
 
しかし! まめの意中の殿方は、その気にさせた悪いヤツは…
 
コヤツ。
 
まめのオトメ心を知りながらつれない素振り。
追いかけ回すまめを振り切り振り切り飛び回りますますまめを燃え上がらせている少々お疲れ気味のうめなのでした(/_\;)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31