フォト

ごま's ギャラリー

  • ぽかぽか おひるね
    2004年3月10日、パパとママの子になった日から 2010年1月29日 虹の橋へ...。

かぼちゃ's ギャラリー

  • 2005_6_152
    2005年5月24日に パパとママの子に なったオカメインコの かぼちゃ。 2005年6月24日に 虹の橋へと旅立ちました。 パパとママは 決してきみの事を忘れないよ。 また必ず逢えるよ。 でも、もう少し待っててね…。
無料ブログはココログ

うめ’s ギャラリー

  • お引越し
    2008年4月15日頃誕生。 2008年6月20日お迎え。 WFシナモンパイドのオカメインコ 名前は「うめ」 ショップでも病院でも「おとなしいから女の子っぽい」と言われたけれど最近の行動や体の色がどうも怪しくなってきた。 おとなしい!?ぜーんぜん! 落ち着きはなくいつもコソコソ動いてる。 「カーッ!カッカッカーッ」と笑ううめである^^

365calendar

« 湿布月間 | トップページ | みんな同じ »

2009年5月25日 (月)

あたちはミィ

あたちはミィ。
女の子。
生まれたのは昨日かその前。
どうやって生まれきたのか産んだのが誰なのかわからないの。
どうしてそこに居たのかもわからない。
なんにも見えないしお腹が空いたしすっごくすっごく長い時間冷たいモシャモシャして寒いところに居た。
でもね、だんだんたくさんの声や音がしだして回りがにぎやかになってきたよ。
そして周りをきれいにしてる音が聞こえてきたから大きな声で叫んでみたよ。
「あたちはここよ!」ってね。
そしたら足音が近付いてきたの。
だから何回も何回も大きな声で叫んだよ。
足音が止まって冷たいモシャモシャを掻き分ける音がして、あたちを見つけてくれた!
体がフワッと浮いて何か暖かくてやわらかいものの上に載せてくれた。
あたちは嬉しくていっぱいいっぱい叫んだよ。
そしたら「ミィちゃん」って声が聞こえた。
「ミィミィ鳴くからミィちゃんね」とも聞こえた。
だから「ミィちゃん」って呼ばれるとお返事する事にしたの。
あたちの事ミィちゃんって呼ぶものはあたちを温かいものでキレイにして拭いてくれた。
恥ずかしいけど気持ち良くておもらししちゃった。
お口に温かい「牛乳」といわれてるものが入ってきたけどそれが何なのかわからなくてどうしたらいいかもわからなくてこぼしちゃった。
その後揉むと温かくなるものとフワフワするものと一緒にあたちを包んでパソコンと云われてるものの上に載せてくれた。パソコンって暖かいんだって。ホント暖かかったよ。
気持ち良くて眠くなって長い時間眠った。
あたちを「ミィちゃん」って呼ぶものはさっきからずっと「うちはごまうめが居るからなぁ…」とか「猫ちゃんお迎えしない?」とかたくさんのものに言ってた。
その度に違う声で
「うちはマンションだから...」「うちは犬が居るから...」
「うちには一匹いるからね...」
「私、猫って大嫌い!犬だったらいいけどね...」って声がいっぱい聞こえた。
それってあたちのこと? あたちって猫なの?

そして「よし!ごまうめが居るけど今日は家においで!その前に病院に行こうね」って聞こえた。

たくさんのものがあたちの心配をしてる。悩んでる。
だからあたちは決めたの。
体がすっごく疲れたし…。
「ミィちゃん、お昼に行ってくるね〜。帰ってきたらミィちゃんもお昼にしようね」って聞こえた。
決行するには一人になった今だ!
「ミィちゃん、お待たせ!帰ってきたよ」と聞こえた後しばらくとても静かだった。

あたちが決心した事。

それは 旅立ち。

場所は...虹の橋。

先に行って待ってるねっ!


また小さな命を救う事はできませんでした。

« 湿布月間 | トップページ | みんな同じ »

コメント

ごまママさん
どんなにか胸が痛んだことでしょう。お察しします・・。

ミィちゃん、向こうには沢山お友達がいるよ。
きっと敵とか味方とかない平和で楽しい世界だよ。
小鳥のお友達も出来るよ。
だから。。安らかにね。

雪丸さん、こんばんは。

ミィちゃんとは5時間程しか一緒にいませんでしたが一生忘れません。
あんな生まれたての子猫をみたのは初めてです。
真っ白でとてもかわいい顔してました。
日に日に悲しみが増してきます。一日に何度もミィちゃんと初めて会った場所を見に行ってしまいます。
変な話ですが体を拭いてる時刺激でオシッコが出るのを見て感動しました。

また会えるといいな。

雪丸さん、ありがとうございます。

ごまママさん、辛い出来事でしたね。
先週、カービングの時に雪丸ちゃんとミィちゃんの話をしていたの。
でもミィちゃん綺麗にしてもらって暖かいところから旅立ててよかったね。
こういう小さなもの達とのお別れって、過ごした時間がほんのちょっとだとしても心にずっと残る大きな足跡だよね。

元気だしてね。
ミィちゃんは、ごまママさんにすっごく感謝しているはずだもの。

↓のうめちゃん、そんなに大きな声で鳴くのかな? あぁ、そういえば、花さんのオカメちゃんがホームスティに来た時に、姿が見えないと絶叫する声が意外に大きくてびっくりしたことを思い出しました。
ドライブ中はご機嫌なんですか?
昨日、ぴゆを連れてクリニックに行った時に、待合室で出会ったオカメ君(ノーマル)があまりにも美男子で見ほれちゃいました。
飼い主さんは60才くらいの女性だったのですが、もうメロメロで「ずっと肩にとまってぴったり寄り添っていてくれるんです」ってオカメ自慢していましたよ。 こういう自慢っていいよね~ ^-^ うめちゃんもそうなんだろうね~。

ぴゆどんさん、こんにちは。

本当に本当に悲しい出来事でした。
開いた目の色はどんな色だったろう…。
どんな顔だったろう…って毎日思います。
毎月購読している「田舎暮らしの本」という本の今月号の表紙が真っ白い猫さんだったので思わず「ミィちゃん!」と呼んでしまいました。
ダメですね、いつまでもグジグジしてちゃ…。
ぴゆどんさん、ありがとうございます。

怪鳥うめラは落ち着きが全くなくて、ケージに入ってる間はずーっと「出せー!」と叫んでます(;^_^A
放鳥すると鳴き止みますが、トイレやキッチンにいって姿が見えなくなると帰ってくるまでずーっと叫んでます。
どの本にも呼び鳴きには応えたらいけないと書いてあるので知らんぷりするのですがうめの方が根気強くてずーっとずーっとずーーっと鳴いて私が根負けしてしまいます。
ドライブは好きみたいですよ。暴れないし歌ったりご飯食べたりしてくつろいでます。
うるさくてもひっかかじられてもメロメロなんですけどね^ロ^;
私もうーんとおばあちゃんになったときもごまうめと寄り添っていたいなって思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 湿布月間 | トップページ | みんな同じ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30