フォト

ごま's ギャラリー

  • ぽかぽか おひるね
    2004年3月10日、パパとママの子になった日から 2010年1月29日 虹の橋へ...。

かぼちゃ's ギャラリー

  • 2005_6_152
    2005年5月24日に パパとママの子に なったオカメインコの かぼちゃ。 2005年6月24日に 虹の橋へと旅立ちました。 パパとママは 決してきみの事を忘れないよ。 また必ず逢えるよ。 でも、もう少し待っててね…。
無料ブログはココログ

うめ’s ギャラリー

  • お引越し
    2008年4月15日頃誕生。 2008年6月20日お迎え。 WFシナモンパイドのオカメインコ 名前は「うめ」 ショップでも病院でも「おとなしいから女の子っぽい」と言われたけれど最近の行動や体の色がどうも怪しくなってきた。 おとなしい!?ぜーんぜん! 落ち着きはなくいつもコソコソ動いてる。 「カーッ!カッカッカーッ」と笑ううめである^^

365calendar

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月20日 (水)

大騒動

しゃむい、しゃむい、しゃむいですね〜snow
1月に再び産卵し孵化した赤ちゃんコッピー。
今回は1組のご夫婦の産卵だったため前回のように多くなく何匹孵化したのか判らなかったけれど、先日腰の調子が良くしばらくサボっていた水換えをしたところ1cm弱ほどに成長した7匹の赤ちゃんを確認happy01

今まで使っていた赤ちゃん部屋がだいぶんくたびれてきたしストッキングのような生地のネットで使い勝手も今一つだったためプラスチック製の新しいものに変えました。
引っ越し前、数を確認しいざ引っ越し。無事終了かと思いきや確認すると…、1匹少ない! どこ、どこ、どこ?ネットにくっついてないか挟まってないかあちこち探し回ったが居ない…。もしかして!と流し台の流しの中を見たら、水溜め部分を悠々と泳いでいましたcoldsweats01
網ですくおうと思ったが網が大きくて流しに入らず、どうしようか…と悩んだ挙げ句、ストローで吸い上げる事を思いつき1本では届かないので2本のストローをつなぎあわせ口で吸ってみた。
口にふくんでしまったら飲み込んでしまうかもしれないのでストロー部に留まるようにそっと吸い、受け皿に吐き出した。
「い、居るか…?」 「い、居たよー!! 良かった、良かったhappy02」と一人で大騒ぎし大騒動した引っ越しも無事終了。
ホッと安心しお茶を飲みながらキレイになってノビノビ泳いでるお魚さんたちを満足感にひたりながらしばらくボケーっと眺めた。
ん…? …、あれーっ? なんでーー!? 
1匹の赤ちゃんコッピーがおかーさんたちと一緒に泳いでる。
実は新しく変えた赤ちゃん部屋の水通しの穴が少し大きかったようで一番小さかった赤ちゃんコッピーが抜け出てしまったらしい。
でも、まぁ 少し大きくなったことだし大丈夫かな、と思った直後、甘かったと反省。
ある意味『掃除屋』のエビちゃんが小脇に抱えて………shock(「世界残酷物語」ばりの恐ろしさなので省略)
あんなに悩んで苦労した救出劇はなんだったんだろう…sad

2007_09292007my0085
なにか?


0025
ボクはみかんもすきでしゅheart04

2008年2月10日 (日)

完全復活?

みなさん、いかがお過ごしですか?
 
この歳になって「生まれて初めて…」な事が多く、私の場合それはあまり体験したくない事ばかり…。
毎年、12月になにかしら身体に異変(3年前は帯状疱疹、一昨年は手根管症候群)が起こっていたが去年は何事もなかったなと思っていたら…。
2週間程前の早朝、会社に出勤しようと玄関を出て階段を1段降りたとたん、腰に違和感を感じ激痛が走った。息が詰まりその場から一歩も動けない!最初何が起きたのか解らず暫く激痛に喘ぎながら理解した。全く動けなかった5分程の間に「あぁ、これが噂のぎっくり腰かぁ〜。本当に動けないんだ。今、地震が起きたら間違いなく下敷きだなぁ。ごまはどうなるだろう…。こんな早くからジョギングしてる人って多いんだ。薄暗い中、立ちすくんでる私を見て誰もたった今ぎっくり腰になったなんて思わないよなぁ。きっと挙動不審だろうな…。ははは…(T_T)。あっ、そうだ、会社行かなきゃ…」などと思ったのは覚えているが、その後どうやって駐車場に行ったかあまり記憶にない。歩きながら覚えている事は「今、ひったくりにあって倒されたら絶対起き上がれないなぁ」と思った事。悲観的な事ばかり頭を過った。車に乗ったらなんとかなるだろうとようやく車までたどり着き、いざ乗り込もうとしたがこれがまた乗れない。普通車なので車体が低い上シートも低い。膝は曲がるので乗り込む前に体を乗った状態にしドアにしがみついて横にずれなんとか乗ったが今度は全開にしたドアを閉めるのに一苦労。アクセル、ブレーキを踏むのは問題なかったがエンジン・キーを回すのにも一苦労。そんなこんなで出勤したものの動くたびに激痛が襲い仕事にならないので絶対しなくてはいけない仕事だけ終わらせ午前中でリタイア。家に帰り着いて着替えるのにも苦労した。ぎっくり腰の経験がおありの方はお分かりだと思いますが、数多い苦労の中、特に大変だったのは…、そう!ト・イ・レ!! 立ったり座ったりするたび気合いを入れ「ふん!」とか「ほっ!」と発してしまうので両隣に入ってる人は「なにやってんだろー。よほど…(省略)」ときっと思ったに違いない。 それと寝転がったら最後、起き上がるのがそれはそれは大変! 今となれば自分でも笑い話のようだけど、何事もない普通の生活がどんなに幸せな事か、当たり前に使う全ての物がいかに健常者中心に作られてる事かを身をもって感じた日々であった。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30