フォト

ごま's ギャラリー

  • ぽかぽか おひるね
    2004年3月10日、パパとママの子になった日から 2010年1月29日 虹の橋へ...。

かぼちゃ's ギャラリー

  • 2005_6_152
    2005年5月24日に パパとママの子に なったオカメインコの かぼちゃ。 2005年6月24日に 虹の橋へと旅立ちました。 パパとママは 決してきみの事を忘れないよ。 また必ず逢えるよ。 でも、もう少し待っててね…。
無料ブログはココログ

うめ’s ギャラリー

  • お引越し
    2008年4月15日頃誕生。 2008年6月20日お迎え。 WFシナモンパイドのオカメインコ 名前は「うめ」 ショップでも病院でも「おとなしいから女の子っぽい」と言われたけれど最近の行動や体の色がどうも怪しくなってきた。 おとなしい!?ぜーんぜん! 落ち着きはなくいつもコソコソ動いてる。 「カーッ!カッカッカーッ」と笑ううめである^^

365calendar

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月22日 (火)

カワイイ家族(ガジガジ4連発付き)

2008_011220070109
ガジガジ...。

2008_011520080023
ガジガジガジ...。
首がなくなっちゃったよー。

2008_011520080017
パリパリ...。

2008_011520080039
ポリポリポリ...。


今日、職場で昼休みに財布に入れてるポイントカードなどを整理していたらごまを病院に連れて行った時の診察券が出てきた。それを見つけた同僚が「なにこれー。へぇ~、「も病院なんか行くんだー。診察券だって!プッ!人間様と同じ扱いだね...」と悪い人ではないのだが呆れたような少々バカにしたような言い方をした。そういう言われ方をするのは初めてではなく、どちらかと言えば多い。慣れていることなので気にしなかった。
一般的に鳥類といえば身近なものでスズメやカラス、ハト、ニワトリなど。人間が近付くとすぐに飛び立ってしまう人間には絶対近付かない、馴れない生き物と思われている。
ところがどっこい、どーですかこの可愛らしさ^^。ちゃんと喜怒哀楽もあるし表現もする。表情も変わるし、小さいけどいっぱい詰まった頭で考えもするしそれを伝えようとする、そして伝わってくる。
呆れていたその同僚を逆に「こんなにカワイイ(親バカバカだけど)家族を知らないなんて哀れな「人間だなー」と感じた。

2008_011220070011
ねぇー、にんげんってなぁに?えらいの~??

2008年1月13日 (日)

ちっちゃな命

Photo これが...


2007_121620070016
こうなって...


2007_121620070123
こんな感じになって...


2008_01132007
こうなりました!!


去年の11月4日に産卵。
11月9日に孵化して今年の1月12日におかーさんたちと同じ水槽にデビューしました^^
100匹以上はいたと思われる稚魚は自然の淘汰もあると思いますが私の勉強不足で10分の1になってしまい11匹になってしまいました。
一番大きいので全長1.5cm程でまだまだちっちゃいですが頑張って育ってほしいと願っています。
おとーさん、おかーさんコッピーはまた産卵の気配大。
今度は少し勉強したからたくさん育ってくれるといいな。
そして男か女か判らないコリちゃんたちもぜひぜひ産卵して欲しいものです。

家の中はどうなる事やら...^^;;

でも、小さい生き物だけど一緒に暮らす家族が増えるってすごく嬉しい。
そしてすごく感動しました。
ちっちゃくても一所懸命生きてる赤ちゃんコッピーズ日記でした。

2008_011220070094
ボク、おにーさんになったんだよ♪

2008年1月10日 (木)

新しい年


ことしもよろしくおねがいしまぁしゅ。
随分後れ馳せながら
明けましておめでとうございます。
皆さま、良いお正月をお迎えになられましたか?
さて今年はどんな年になるのでしょう。毎年思う事は「いい方向への変化のある年にしたい…」。でもじーっと待っていてもダメですね。行動しなきゃ。
先日、ゴア元米副大統領の映画版「不都合な真実」を観ました。
「一瞬、大統領になった男です」などと冗談を交えながらの講演でしたが、内容は冗談ではすまされないものです。温暖化の原因である二酸化炭素の数値、それに伴う気温上昇の数値を1960年代頃からまとめたグラフで見せられると恐ろしくなります。北極大陸の氷の減少(この40年間で40%縮小)を図解して見せられ、陸に上がれず溺死している北極グマ、小鳥たちの孵化と虫の孵化の時期がずれ、ヒナが育たないなどの話を聴かされると、早急に何とかしないとと思います。
氷が溶け川になり、海流に今までなかった流れが加わると海流が止まり生態系が崩れてしまうなんて…。無知な私は知りませんでした。
キリマンジャロの氷があと10年以内に無くなってしまうなんて知りませんでした。
個々人には危機感があっても、莫大な量のCo2を排出している米政府は京都議定書から離脱し、一時的な事だと環境問題に真剣に取り組まないとゴア氏は嘆いていた。
地球が裏切ったのか…。人類が地球を裏切ったのか…。
皆さんはどう思われますか?
新年一発目から堅苦しい話になってしまいましたが
今年もどうぞよろしくお願いします!
ボクもよろしくおねがいします!!

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31